前転

@マットの上にしゃがみ、手をマットにつけます。
Aおへそを見るようにして手と手の間に頭をおき首を守るように手で支えて頭の向こう側へお尻を跳ばします。
B回転が始まったら、首とおなかに力を入れて、体を丸め続けます。
C回転の反動で、そのまま起き上がります。

(注)ここでは、「でんぐり返し」は前転の前段階のものとしてとらえ、「前転」とは別のものとさせていただきます。ただし、幼児の指導の際にはわかりやすいように前転を指示するときに「でんぐり返し」と言うことはあります。

■よくある質問

○回転した後、あおむけになったまま起き上がれません。
○回転した後、足首が硬くて最後まで回転しきれません。
○回転中に体が伸びて、転がるというよりバッタンと倒れてしまいます。
○回転がまっすぐにならず、曲がってしまいます。

*スタジオでは、それぞれの体の硬さや筋力に応じたやり方を指導しています。

■前転の練習のコツ
○手のつく位置で回転力が変わります。近すぎると回転の勢いがつきません。また、手をつく位置が横一直線ではなく前後にずれると、回転が曲がる原因となりますので注意します。
○最後まで体を丸めるために、へそのあたりを見るような意識であごを引き続けます。体を最後まで丸めているには、ある程度の腹筋力は必要です。
○布団などで傾斜をつくって、そこを転がる練習も有効です。

==========
倒立前転
開脚前転
飛び込み前転
伸しつ前転
後転
後転倒立
開脚後転
伸しつ後転
倒立
三点倒立
側転
片手側転
ロンダート
側宙(側方宙返り)
前宙
後宙
前方倒立回転(ハンドスプリング)
後方倒立回転(バク転)
マカコ

はじめての方はこちら
ご入会案内
会員様ご予約

お問い合わせはこちら

料金

営業日カレンダー

各曜日10:00〜21:30
★…少人数クラス
●…マンツーマン・シェア、レンタルスペース

レッスン風景

レッスン風景はこちらから

動画

動画集

住所